歯科保健研究会ブログ

歯科の予防活動の研修会や野宿生活者の歯科保健支援活動をしているボランティア団体「歯科保健研究会」のブログです。

主に、歯科保健研究会が開く研修会をお知らせ、野宿生活者支援活動の様子などを紹介しています。
  << June 2023 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
世界の野宿生活者支援についての講演会

「第21回釜ヶ崎講座・講演のつどい」 
  フランスの社会的包摂政策
    ――生活困窮者支援と社会連帯経済――  
                             


今回、釜ヶ崎講座は大阪市立大学院教授の福原宏幸先生をお招きして「フランスの社会的包摂政策−生活困窮者支援と社会連帯経済−」の題目で、釜ヶ崎講座第21回講演のつどいを開催します。講座は去る3月、日本における「改正生活保護法」、新法としての「困窮者自立支援法」の学習会を、NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事長の稲葉剛さんを講師に開催しました。講演では、この国が「生保」が受けづらい国であり、さらに生活困窮に苦しむ人々を追い込んでいく方向にあり、各支援団体、個人がさらなる力を発揮する必要があることが判りました。そして一方では、釜ヶ崎講座は2011年に府立大学の嵯峨先生による「欧米のホームレス支援の実状―ドイツの取り組みを中心にー」、2013年には大阪市立大学・都市研究プラザ准教授、全先生の「韓国ホームレス福祉法の制定と包括的な支援システムの整備」、それぞれの内容で学習、議論、認識を深めてきました。今回、福原先生にフランスにおける取り組みをじっくりと語っていただくなかで、参加していただいた皆さんと議論が深まり、それぞれの実践の場に役立てばとの思いで、今回の講演のつどいを企画しました。皆さんのご来場をお待ちしております。


時   2014年7月26日(土)  午後6時30分開演
  講師  福原 宏幸さん
大阪市立大学大学院 経済学研究科教授 
  会場  エル・おおさか701号  大阪市中央区北浜3−14
京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m、
京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
資料代  500円    

                 釜ヶ崎講座              
大阪港郵便局私書箱40号
大阪市西成区萩之茶屋1−9−7
釜ケ崎日雇労働組合気付
事務局 090−2063−7704
Mail kamakouza@cwo2.bai.ne.jp
http://cwoweb2.bai.ne.jp/kamakouza
http://blogs.yahoo.co.jp/kamagasakikouza
| 歯科保健研究会 | 野宿生活者への歯科支援活動 | 01:25 | - | trackbacks(0) |

この記事のトラックバックURL
http://sikahoken1.blog.bai.ne.jp/trackback/210626
トラックバック

.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS