歯科保健研究会ブログ

歯科の予防活動の研修会や野宿生活者の歯科保健支援活動をしているボランティア団体「歯科保健研究会」のブログです。

主に、歯科保健研究会が開く研修会をお知らせ、野宿生活者支援活動の様子などを紹介しています。
  << November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
釜ヶ崎講座学習会・ハンセン病問題
第17回釜ヶ崎講座学習会
ハンセン病問題から何を学ぶか
 全国にはハンセン病の国立療養所が13ヶ所あります。入所者は現在約1200人、平均年齢は87才を超えています。
隔離の“島”・療養所には納骨堂があり、かつては火葬場もありました。国は病気の根絶政策ではなく、「強制収容・絶対隔離」を根幹とした患者の絶滅政策を取り続けたのです。
この絶滅政策を地域で強力に推し進めたのが私たち市民でした。各県で競うように警察に密告通報し、見つけ出しては収容所に送り込みました。有効な治療薬が見つかり、障害を残すことなく治る病気となった戦後もこの「無らい県運動」は続けられました。私たち市民は加害者であり続けました。国の恐怖宣伝―「らい」は恐ろしい病気だ―に騙され、患者に塗炭の苦しみを負わせました。この大きな反省の上に私たちの活動があります。
一方収容された人々は、人間らしい生活を求めて苦しい闘いに立ち上がっていきます。時には命をかけてハンストの闘いを続けます。1920年代、大阪にあった公立療養所外島保養院で獲得した自治の烽火は全国の療養所へと広がっていきました。大阪は解放運動の先端にありましたが、特高警察と室戸台風によって壊滅してしまいます。しかし、自治を求める運動、隔離からの解放を求める運動は戦後へと引き継がれていきました。
昨年、判決が確定した家族訴訟の原告561人の約半数が沖縄出身者でした。また、朝鮮半島出身者の患者は人口比にして日本人の数倍から10倍にのぼると言われています。このことを指して、愛生園の故金泰九さんは「ハンセン病は植民地病だから」と言われました。ハンセン病問題から沖縄や在日を考える意義は大きいと思います。
さて、釜ヶ崎はハンセン病病歴者にとって一種のアジールでした。収容所を抜け出した人々にとって、西成に行けば仕事がある、障害があっても雇ってもらえる、ドヤにだって泊まれる、そんな情報が療養所内にありました。釜ヶ崎は彼らにも大切な街でした。
あらゆる差別が凝縮したハンセン病問題をここ釜ヶ崎でともに考えることに感謝しています。
◎話題提供者 福田佳昭(虹の会おおさか事務局)
◎DVD上映 「断種・堕胎」(30分)
◎開催日時  2020年12月5日(土) PM6:30開演
◎会場 太子福祉館   大阪市西成区太子1−4−3太子中央ビル3階
◎定員先着45名(申し込み不要) ◎資料代500円
◎当日YouTube配信予定 配信希望者は講座メールに希望を前日までに送ってください
主催:釜ヶ崎講座
大阪市港郵便局私書箱40号・大阪市西成区萩之茶屋1-9-7釜ヶ崎日雇労働組合気付け
Mail: kamakouza@cwo2.bai.ne.jp HP: http://cwoweb2.bai.ne.jp./kamakouza
090−2063−7704(事務局)
| 歯科保健研究会 | - | 08:08 | - | trackbacks(0) |
夏祭り中止です
第49回釜ヶ崎夏祭りは、コロナ感染症蔓延の状況の中で中止とすることになり
ました。
なお15日(土)19時に三角公園にて慰霊のみ行われます。

なお釜ヶ崎講座の13日特掃体験、15日の釜ケ崎ツアーは行われます。
| 歯科保健研究会 | - | 13:28 | - | trackbacks(0) |
釜ケ崎講座学習会LGBT
第16回釜ヶ崎講座学習会
「性的少数者について」
にじいろ家族に込めた思いと共に
  ここ数年ようやく日本のメディアでも「LGBT」の文字や報道が出てくるようになりましたが、実は遥か昔の人類が誕生したころから私たち性的少数者、所謂LGBTは存在してきました。しかし時代の流れや社会のあり方や価値観の変遷も影響し、私たちは社会に見えない存在となり、さらに
は「見えないようにするべき存在」となったのです。
 しかし私たちの存在は実は社会に見えない形でしっかりと存在し、且つ貢献し、時にはその本来あるべき存在とは違う形を偽ってまで活躍してきた仲間も数多くいるのです。
 西成という地域は、現在の「見えなくていい」私たちにとってはとても居心地の良い地域であると思っております。その証拠に近隣には私たちが集う「発展場」が多く存在し、自らの伝えざる「性」を時には謳歌し、時には人知れず生涯の伴侶を見つけたりと、仲間にとって社会と一線を画した、しかし確実に必要な場所であるのです。西成区に息づく私たちについて従前からの「忌み嫌われる」存在から、「すぐ隣にいるが、見えない善良な市民」へと社会の見方を変えて行きたいとの思いで、これからも数々の意見を地域の皆さまに発信していきたいと思います。
何より私たちの存在を正しく知っていただき、自身を偽って生きてきた仲間をこれ以上増やさないために、そしてすぐ隣の良き隣人でもあるLGBTとの距離を少しでも短くできるようにしていきたいのです。

◎話題提供者 梅田政宏(株) にじいろ家族
◎開催日時 2020年8月8日(土) PM6:30開演
◎会場 太子福祉館
・西成区太子1−4−2太子中央ビル3階
※JR新今宮駅 東口 徒歩2分 地下鉄動物園前6番出口から徒歩1分
堺筋沿いに信号を渡って南側に渡ってすぐ右手
◎資料代500円
主催:釜ヶ崎講座
大阪市港郵便局私書箱40号・
大阪市西成区萩之茶屋1-9-7釜ヶ崎日雇労働組合気付け
Mail: kamakouza@cwo2.bai.ne.jp
HP: http://cwoweb2.bai.ne.jp./kamakouza
090−2063−7704(事務局)
| 歯科保健研究会 | - | 10:08 | - | trackbacks(0) |
特別定額給付金相談会
10万円ってほんまにもらえるん?ようわからん!

10万円特別定額給付金
お悩み相談会IN釜ヶ崎
2020年5月20日(土)午前10時〜午後3時
会場 萩まち不動産(大阪市西成区太子1−3−16
(JR新今宮駅東口 餃子の王将となり
フリーダイヤル 0120−20−9971 通話無料
当日問い合わせ先 06−6626−9971(萩まち不動産)
運営 釜ヶ崎生きづらさ研究会
| 歯科保健研究会 | - | 15:19 | - | trackbacks(0) |
コロナ住まいとしごと緊急相談会
緊急相談会5⽉6⽇・実施概要
作成⽇:2020/05/1 作成者:⼩林⼤悟(釜ヶ崎⽀援機構)


【今回の相談会の趣旨】 新型コロナウイルスの世界的流⾏の影響下、雇⽌めによる収⼊減やネットカフェの営業中⽌により、新たに路 上に押し出される⼈々が増えつつあります。今後、経済の落込みが続く中で、⽣活困窮・ホームレス状態に陥る ⼈の数は、さらに増えるであろうと予測されています。また、今回若年層の相談者も増えることが予想されるこ とから、釜ヶ崎だけではなくオール⼤阪で連携体制を整え、必要な⼈に必要な⽀援を、すみやかに届けることを めざし、相談会を開催いたします。 前回の相談会に来られた⼈の状況からも、4⽉までしか部屋代を⽀払っていない⼈や貯⾦があとわずかの状態 である⼈が多数いたため、5⽉に⼊り貯⾦が底をついた⼈や連休中で仕事がより⼀層減り収⼊がなくなった⼈が 増えていると予想されます。そして困窮状態に陥り新たに釜ヶ崎にたどり着いた⼈も増えてきています。 今回の相談会では新たに住まいやくらしが不安定になった⼈の⽀援と状況把握を⽬的として実施します。

【事前アウトリーチ】 ●夜まわり(5/5) ・難波、⽇本橋周辺、てんしば周辺等 ●昼まわり(5/4,5) 釜ヶ崎周辺でビラまき ●SNS発信 ・Twitter、Facebookで呼びかけ ●メディアへのプレス発⾏ ・前回取材に来たメディア及びPRタイムス(予定)

【主な対象者】 新型コロナウイルスの影響により、雇⽌めによる収⼊減やネットカフェの営業中⽌などの理由で、新たに路上 に押し出された⼈を主たる対象とします。

【相談内容】 ⽣活相談を中⼼に、就労相談、医療相談(電話?)、法律相談(Web?)を実施

【提供できる⽀援】 ・緊急宿泊⽀援及び緊急⾷糧⽀援 ・求⼈紹介(僅か)→相談会開催⽇は祝⽇のため翌⽇以降対応 ・⽣活保護やその他制度の利⽤案内及び利⽤に伴う⽀援




【会場】 ●会場 感染対策のため3密を避けた会場設置 ・メイン相談会場 ドリーム22:⼤阪市⻄成区太⼦1-4-5 ・待機場所 カマパブ:⼤阪市⻄成区太⼦1-4-2 ・予備スペース(予定) ⻄成プラザ:⼤阪市⻄成区太⼦1-4-2 3階 ・発熱者対応⽤特別スペース ※当⽇説明します

【スケジュール】 ●アウトリーチ 5/4,5 昼まわり ⽇中通して、釜ヶ崎内でビラ配り 5/5 夜まわり 21:00 ドリーム22集合 21:30〜 コースに分かれて夜まわり(終わり次第流れ解散)

●相談会 5/5 ⼣⽅ 会場設営 5/6 9:20 集合 打ち合わせ 10:00 相談会開始 15:00 相談会終了(最後まで対応) 15:00〜 ⽚付け (15:30) 振り返りとケース共有会

【第⼀回⽬の反省】 ・マスコミ対応(待機場所や動線の設定と当事者への取材時はスタッフが同席する) ・記録について(記録⽤紙の改善と記録の抜け漏れを防ぐ)→アフターフォローしやすいように ・就職先紹介について(事前に対応業者の温度感を確認) ・緊急宿泊について(確認書を今回導⼊) ・受付の⼈員を増やす(検温と待機者対応) ・待機中(順番待ち)の⼈のために名簿を作るべき

【参加団体※五⼗⾳順(5/1時点)】 いちょうの会、NPO 法⼈こえとことばとこころの部屋(ココルーム)、NPO 法⼈サポーティブハウス連絡協議 会、NPO法⼈HEALTH SUPPORT HINATA、NPO法⼈ライフサポート路⽊、釜ヶ崎キリスト教協友会、釜ヶ 崎講座、釜ヶ崎⽇雇労働組合、公益財団法⼈⻄成労働福祉センター、⼭王訪問看護ステーション、⻄成若⼿会、 認定NPO法⼈ビッグイシュー基⾦、認定NPO法⼈Homedoor、萩之茶屋地域周辺まちづくり合同会社、反失 業連絡会、ホテル来⼭、ホテルみかど、わたなべ往診⻭科(合計18団体
| 歯科保健研究会 | - | 22:20 | - | trackbacks(0) |


 SELECTED ENTRIES
.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS