歯科保健研究会ブログ

歯科の予防活動の研修会や野宿生活者の歯科保健支援活動をしているボランティア団体「歯科保健研究会」のブログです。

主に、歯科保健研究会が開く研修会をお知らせ、野宿生活者支援活動の様子などを紹介しています。
  << July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
関連のフォーラムです。仕事つくり
7月13日(土)フォーラム開催のお知らせです。
『仕事づくりフォーラム釜ヶ崎』
 〜この西成(まち)、大好きやねん〜
日時:2019年7月13日(土)
   13時〜16時45分 (開場:12時30分) 
会場:あいりんシェルター居場所棟
  【禁酒の館】2階(大阪市西成区萩之茶屋1-9-27)
参加費:無料 
参加方法:申し込み不要                
                           
●第1部講演(パネルディスカッション)13時から15時30分 
「地域での仕事おこしと、まちづくりについて」
講演:萩之茶屋地域まちづくり合同会社 
    社長 西口宗宏 氏 
コメンテーター:大阪市立大学
         教授 福原宏幸 氏 
登壇者:NPO法人フリーヘルプ 
     理事長 西本精五 氏 
    株式会社ナイス 
     田岡秀朋氏 
    ワーカーズコープ連合会 
     理事 伊藤剛 氏 
    NPO法人釜ヶ崎支援機構 
     事務局長 松本裕文 
●第2部 お仕事マッチ 清掃講座編   
    (講座の募集も行います)15時45分から16時40分
「仕事に繋げよう いきいき清掃講座」
 〜釜ヶ崎支援機構とワーカーズコープがタッグを組んだ〜
報告者:ワーカーズコープセンター事業団
     尼崎事業所所長 津田益男 氏
    ワーカーズコープセンター事業団
     大阪事業所所長 竹越修治 氏
    お仕事マッチから
    ワーカーズコープに就労 
     明石勝美 氏 
 ユニバーサル就労を目指す地方自治体の条例や取り組みは全国的な広がりを見せています。
 この3月には大阪府のハートフル条例が改正され、今後益々この流れが加速されることを期待する次第です。
 一方釜ヶ崎地域では、昨今外国人観光客の急激な増加もあり、ドヤがホテルに代わっていくなど町の様子が変わりつつあります。また、報道でも伝えられていますが、この先、労働福祉センターの建て替えや大型ホテルの建設等に起因して、この潮流は益々激しくなっていくことだと思います。
 このような激動の変化の中、ただそれを見守って過ごすのか?それとも「地域のみんなが主人公」となり地域のために本当に必要な仕事をおこし、地域のための「まちづくり」を進めていくのか、近い将来必ず問われてくることになるのではないでしょうか?
 本フォーラムでは地域の内外で「仕事おこし」や「まちづくり」を推進されている方をお招きし、実際の事例紹介も交え「仕事おこし」や、「まちづくり」について、みなさんと一緒に議論を深めていきたいと考えています。
 そして願わくば、このフォーラムでの議論が釜ヶ崎地域だけの問題にとどまらず、みなさんの地域の課題解決の一助に繋がれば幸いです。
 地域で仕事おこしを実践されている方、その思いのある方、内容に少しでも興味を抱いていただいた方。
 そんな皆さんと当日お会い出来ることを楽しみにしております。
| 歯科保健研究会 | - | 07:46 | - | trackbacks(0) |
特別講演会・口腔ケアーを問う
歯科保健研究会総会時特別講演会
 「改めて口腔ケアーを問う」
講師 足立了平先生
「ときわ病院歯科口腔外科部長・神戸常盤大学特命教授」
足立先生には2005年総会時「口腔ケアー」について、2018年総会記念講演「リスク管理」についてお願いしてきました。震災時関連死との関係における口腔ケアー、口腔機能低下、摂食嚥下障害などとの関係での口腔ケアーについて問題を投げかけてこられました。当たり前になってきた「口腔ケアー」改めて問い直してみたいと思います。共に考え、討論しませんか

16:30から18:00(16:15開場)
参加費無料 申し込み不要
終了後講師を囲んで懇親会予定

歯科保健研究会・わたなべ往診歯科共催
会場  わたなべ往診歯科3F 花園プラザ  西成区花園北2−5−6
   (地下鉄四つ橋線 「花園町駅」下車5分
tel 06−6647−0034(往診歯科)  06−6643−9627(研究会)

当日歯科保健研究会2019年度総会を15:00から16:15に行っていますので開場は16:15となります。
| 歯科保健研究会 | - | 11:38 | - | trackbacks(0) |
研究会関連講演会の案内です
釜ヶ崎講座×釜ヶ崎支援機構 タイアップ企画 仕事づくり集中講座4
(第24回 釜ヶ崎講座講演のつどい)
テーマ:ユニバーサル就労ですすめる地域(釜ヶ崎)の仕事つくり
講 師:冨田一幸(株)ナイス取締役
        大阪知的障害者雇用促進建物サービス事業組合代表理事

日 時:2019年5月25日(土)18時30分から21時(18時開場)
会 場:エル大阪709号室(大阪市中央区北浜東3―14)

 この3月に改正された大阪府のハートフル条例。障害者の法定雇用率達成と維持に向けての計画作成や報告が、大阪府と契約する・補助金を受ける・府施設の指定管理者となる事業主に義務付けられました。また障害者でなくとも、就職することが困難な者について、府と関係のある事業主が雇用の促進を図っていくことになりました。
 こうしたユニバーサル就労をめざす地方自治体の条例や取り組みは全国的な広がりを見せつつあります。
 釜ヶ崎では、今後の10年間にさまざまな施設が建て替わる予定です。施設や環境の改善と同時に、地域の就職困難者が働ける場を創り出し、ユニバーサル就労をめざしていくことが、これからの釜ヶ崎のまちづくりにとって重要なポイントになっていくことでしょう。
 今回は、これまでユニバーサル就労の推進に尽力されてきた冨田一幸さんを講師にお迎えいたします。条例改正を契機に、実際どのように地域の就職困難者が働く場を開拓していくことができるか、論議を深めたいと思います。働く場づくり・まちづくりに関心をお持ちの方ぜひお越しください。

主催:
釜ヶ崎講座
大阪市港郵便局私書箱40号
大阪市西成区萩之茶屋1-9-7釜ヶ崎日雇労働組合気付け
電話 090−2063−7704
Mail: kamakouza@cwo2.bai.ne.jp
http://cwoweb2.bai.ne.jp./kamakouza  
http//blogs.yahoo.co.jp/kamagasakikouza                   

NPO釜ヶ崎支援機構
大阪市西成区萩之茶屋1-5-4 
電話06-6630-6060 FAX:06-6630-9777
Mail:npokama@npokama.org
http://www.npokama.org/
| 歯科保健研究会 | - | 19:05 | - | trackbacks(0) |
12月30日生活困窮者に対する健康支援セミナー
        「生活困窮者に対する健康支援セミナー」

日時  2018年12月30日(日)12時から(11時30分開場)
会場 わたなべ往診歯科3F(大阪市西成区花園北2−5−6)
講演  12時から15時 
生活困窮者の現状     松本裕文(NPO釜ヶ崎支援機構事務局長)
     生活困窮者の健康問題   黒川渡(くろかわ診療所院長)
     生活困窮者への介護・福祉の現状 穴沢一良(NPOバリアフリーつばさケアマネ)
歯科的支援活動の現状   渡邉充春(わたなべ往診歯科院長、歯科保健研究会)
フィールドワーク 15時から17時  釜ヶ崎見学
オプションツアー 18時から     第49回釜ヶ崎越冬闘争に参加
       三角公園集会、ステージ、蒲団敷き、人民パト、医療パト等
参加費(資料代) 1000円
申し込み 準備の関係で研究会・歯科にFAX・メールください
宿泊希望者には、ドヤ2000円、ホテル5000円程度を斡旋します
主催  歯科保健研究会 ・ わたなべ往診歯科
  連絡先 557−0016 大阪市西成区花園北2−5−6 
歯科保健研究会
電話&ファックス  06−6643−9627 
Mail  sikahokenken@bob.bai.ne.jp
ブログ http://sikahoken1.blog.bai.ne.jp
  わたなべ往診歯科
電話    06−6647−0034
ファックス 06−6648−8238
HP http://www.watanabe-ousinsika.com/
Mail dentwata@cwo2.bai.ne.jp
Mobil   090-3896-1924
  後援・協力(昨年実績
NPO釜ヶ崎支援機構
くろかわ診療所
訪問看護ステーション鶴見橋
訪問看護ステーションひなた
NPOバリアフリーつばさ
(有)コロッケ
NPOライフサポート路木
(株)にじいろ家族 
| 歯科保健研究会 | - | 14:23 | - | trackbacks(0) |
連携する釜ヶ崎支援機構・釜ヶ崎講座の学習会です
釜ヶ崎講座×釜ヶ崎支援機構 タイアップ企画 仕事づくり集中講座
(第15回釜ヶ崎講座学習会)

フリーヘルプから学ぶ

 フリーヘルプは、多様な人々が共存できる地域社会を創造するため、一般市民から寄付された古着を販売し収益を活用する『チャリティーショップ』という事業手法を用いて、生活課題を抱える人々およびその支援団体に対し、物資支援、資金援助、居場所づくり、その他サポート、およびチャリティーショップモデルの普及に取り組んでいます。フリーヘルプと釜ヶ崎支援機構が提携して、フリーヘルプ西成店オープンをめざすことになりました。今回、理事長の西本精五さんをお招きして、フリーヘルプの理念と実践をお話していただきます。またじんわりとはじまる西成での取り組みについて報告いたします。
 釜ヶ崎で、大阪で、仕事づくりをめざす/しているみなさんと、実務における課題や未来に向けたアイデアをたくさん話し合えるセッションにしていきます。

・話題提供者  NPO法人フリーヘルプ 西本精五理事長
・開催日時 2018年12月1日(土)PM6:30開演
・会場 西成市民館3階講堂(西成区萩之茶屋2−9−1)
・資料代500円

フリーヘルプのあゆみ
 フリーヘルプの設立メンバーはもともと、古着の卸売や店舗販売に携わっていました。古着の買い付けでイギリスやフランス、アメリカなどへしょっちゅう訪れる中で、欧米では街のあちこちにある「チャリティーショップ」を日本でもできないか?と考えたのがきっかけ。古着の卸売でつちかったノウハウを活かし、2009年にはじめての店舗「FREEHELP加古川駅前店」(2013年市街地整理により閉店)をオープン。その反響は大きく、2010年にNPO法人として認証を受けました。その後2011年に「FREEHELP東加古川店」、2013年に「FREEHELP長田店」をオープンしました。売上の中の寄付金で、NPO女性と子ども支援センターウィメンズネットこうべと協働してシングルマザーとその子どものための居場所(WACCA)を運営、お母さんのための就職・資格取得支援や、子どもの学習支援を行っています。またNPO法人神戸の冬を支える会とともに、生活に困っている地域住民のための居場所(東はりま ふらっとホーム)をつくり、生活・就職のためのサポートを行っています。

主催:
釜ヶ崎講座
大阪市港郵便局私書箱40号
大阪市西成区萩之茶屋1-9-7釜ヶ崎日雇労働組合気付け
Mail: kamakouza@cwo2.bai.ne.jp
http://cwoweb2.bai.ne.jp./kamakouza   http//blogs.yahoo.co.jp/kamagasakikouza                   

NPO釜ヶ崎支援機構
大阪市西成区萩之茶屋1-5-4 電話06-6630-6060 FAX:06-6630-9777
Mail:npokama@npokama.org
http://www.npokama.org/
| 歯科保健研究会 | - | 22:07 | - | trackbacks(0) |


 SELECTED ENTRIES
.
CATEGORIES
PROFILE
OTHERS